ひとりマーケティングのためのデータ分析

主要な登場人物と背景

人物

綾子

寺畠 綾子(てらはた あやこ) age:20

総務部経理課の社員。高校を出てすぐにリサーチサービス社に入社し、3年目を迎えたところ。おとなしい性格で周囲のペースを大事にするタイプだが、信じるところにおいては強引な部分を見せることも。若者らしい茶目っ気はたっぷり。

パソコン操作は初歩レベルで苦手。同じ課の晴花をよき友達・よき同僚としてたいへんに慕っている。異性と交際した経験がなく、その関係の妄想が大好きで時に仕事が手につかなくなるのが欠点。

晴花

日南 晴花(ひなみ はるか) age:31

総務部経理課の社員。綾子より後に中途で入社。年齢相応に落ち着きがありふだんは常識のある所作をとる。会社の中の人との付き合いはほとんどが表面的だが、深く信頼する綾子だけは唯一の例外で、自分の妹のごとく気にかけている。

ときに必要に迫られて人を動機づけたり、パソコン操作やビジネス知識にスキルの片鱗を覗かせるようなこともあるが、心許した人間以外にそうした側面をさらすことを嫌う傾向が見られる。リサーチサービス社に来る前は、倒産した町工場で事務の仕事をしていたらしい。

社長

社長 age:44

リサーチサービス社の社長。高校卒業後小さなメーカーで営業職に就くも、職務上関係を得た外資系の大手マーケティングリサーチ会社の役職者に気に入られ、職を変えることとなった。周囲からは異質に見られ、周りから理解を得ることも、周りを理解しようとすることもなかったが、実績で周囲をだまらせつづけた。しかし、やがてあたらしい上長に変わり、この人物と対立。独立を決意し「リサーチサービス」社を設立した。

そして10年の間、大きな発展はせずとも堅実な会社経営を続けてきた…はずだったが、変化の波が押し寄せている。

田中

田中 美希(たなか みき) age:28

RS3部の中途入社の若手社員。先輩とはいえ綾子とは入社の時期も近く、仲がいい。

基本的には活発な性格であるものの、とくに勝気でせっかちな部分が公私ともで無数の不利益を招いてきた。浮き沈みの中での感情のコントロールがとりわけ苦手な人物。

そうした性格が災いしてか、入社以来これといった得意分野をつくることもできず、近年では部内での居心地も芳しくない状況にある。

安堂

安堂 信哉(あんどう しんや) age:34

RS1部の中途入社の中堅社員。ひょうきんで朗らかな人物。仕事上綾子と頻繁にやりとりを持ち、肩肘をはらずに付き合える親密さにある。経理課の労をねぎらい差し入れをするなど、気配りのできる人物でもある。それゆえ、綾子たちの抱く好感も社内では群を抜いて高いものがある。

調査に至っては社内随一の評価を得ているものの、営業はからきし。会社の状態が傾いて来た今、本人も肩身の狭さを感じるところがあるようだ。

会社やお店

リサーチサービス社

リサーチサービス社

綾子と晴花が勤務する、近域の会社の信用調査とマーケティングリサーチをおこなう小さな会社。3階建ての雑居ビルの、2階部分の全区画と1階部分の一部を賃借りしている。それでも、30人をこえる人間の仕事空間としては限界に近い狭さではある。大学新卒採用を一切おこなわない方針をとっており、現在の社員の多くが中途採用者で占められている。

イタリア料理店・Navi in Bottiglia [ナーヴィン・ボティーリャ]

ナーヴィン・ボティーリャ

リサーチサービス社とはそう遠くない距離にあるレストランで、オーナー夫人は晴花の高校時代からの親友。その縁で、綾子と晴花が足繁く通う店。店名はイタリア語で「ボトルシップ」という意味。名前にたがわず、店内にはたくさんのボトルシップが飾られている。その長い店名を正しく発してもらえることは少なく、多くは「ナーヴ」と略される。

部門と関係性

RS部

RS部(Research & Sales)

調査営業担当部門。リサーチサービス社の肝となる人海戦術部門で、その誰もが調査と営業の両方の職責を求められることから、自己管理のとても難しい部門となっている。部門間で成績を競う狙いで1~3部に分けられ、現在は各部8人づつの合計24人からなる。

総務部経理課

総務部経理課

綾子と晴花が属している課。雑居ビル1階の階段脇に受付を兼ねた分室のかたちで存在する。一般経理、総務にかんして RS1 ~ 3部のサポートをおこなうことを役割とする。しかし小さな会社ゆえ、仕事の内容に明確な線引きがあるはずもなく、社内では「なんでも課」的なポジションを期待されるところがある。ふたりの他、この課には 管理者の総務部長と、非常勤の役員で社長の母親の初江が在籍する。

.
.
このページの先頭へ